武蔵 龍也(たけくら りゅうや)

JTOランキング3位

※2020年12月21日現在

本名: 非公開
出身地: 東京都武蔵村山市
生年月日: 1995年6月28日
血液型: B 型
身長: 185.0cm
体重: 120.0kg
デビュー: 2019年5月7日 東京・後楽園ホール
対海野翔太(新日本プロレス)戦
(タカタイチマニア2)
得意技: 雷~イカヅチ~
ドロップキック
タイトル歴: なし
テーマ曲: Fighting Dragon
趣味・特技: 柔術、腕ずもう、アームレスリング
スポーツ歴: 野球(現在も草野球で継続)
好きな有名人: STスタジオ(YouTuber)
長渕剛
湘南乃風
GAG
サブロクそうすけ
好きな食べ物: 食べられる物ならなんでも
所属団体: JUST TAP OUT
SNS: Twitter:@ryuuya_takekura
Instagram:ryuya_jto

 

リングネームの由来は地元愛を込めて、出身地「武蔵村山市」から取っている。
ただ、そのまま”ムサシ”と読んでしまってはプロレスラーとして個性がないと考え”タケクラ”と読ませている。

そんな武蔵選手がプロレスと出会ったのは小学4年生の頃に観た、WWE(R)のTV放送で流れたバティスタ選手の試合だ。

その後、中学生になった武蔵少年は、当時存在したどの団体よりスピーディな選手の多いDRAGON GATEのなかで、ド迫力のパワーファイトを見せていた、鷹木信悟選手(現・新日本プロレス)、サイバー・コング選手(現・吉田隆司選手)に憧れを抱くようになっていく。

JUST TAP OUTの中でも最重量級の日本人離れした肉体を武器にヘビー級の強さを見せつけるスタイルの確立を目指している。